とよす内科クリニック | 東京都江東区豊洲の内科・消化器内科・肝臓内科・内視鏡内科
消化器内科・内視鏡内科・内科 とよす内科クリニック
 
CONTENTS
 
TOP
 
ごあいさつ
 
診療内容のご案内
 
検査
 
アクセス
 
リンク
 
ご予約お問い合せ
 
〒135-0061 東京都
江東区豊洲4-2-2
豊南堂ビル2F

 院長ブログ
  とよない院長ブログ
 スタッフブログ
  とよないのブログ
 
 
 
 
上部内視鏡の流れ 下部消化管内視鏡検査の流れ 経鼻内視鏡検査について
 
検査の流れ
 
上部内視鏡・上部消化管内視鏡(胃カメラ)・FGS・GFの流れ。
検査前日は夕食を軽めに摂り、21時以降の飲食(水を除く)は避け、早めの就寝を心がけて下さい。
検査当日の朝は飲食、喫煙を避け手下さい。また糖尿病の薬は低血糖を招くため使用しないで下さい。同様にインスリンの注射もしないで下さい。その他の薬は主治医の指示に従って下さい。
検査前の準備では、来院されましたら検査室にご案内いたします。胃の中の泡を取る薬(ガスコン)を飲んでいただきます。
喉や鼻の麻酔を行います。キシロカイン(リドカイン)にアレルギーのある方はご相談下さい。
内視鏡検査では医師がすみずみまで観察します。検査時間はおおよそ5-10分程度です。患者様にも一緒にモニターで見ていただくことができます。
炎症やポリープ、癌などが発見された場合、組織検査を行います。
ヘリコバクターピロリ菌 (Helicobacter pylori )の迅速検査も行うことができます。
検査が終わりましたら結果をご説明いたします。
組織検査の結果は後日外来でご説明いたします。
 
ページのTOPへ  
 
下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)の流れ
検査数日前からなるべく消化の良いものを食べて下さい。
繊維の多い野菜・きのこ・海草類・種のある果物・豆類・こんにゃくなどは避けて下さい検査前日の夕食は軽めに摂り、21時以降の飲食は避けて下さい。21時頃、下剤(ラキソベロン1本)をコップ1杯以上の水で飲んで下さい。
検査当日の朝は絶食です。(水、お茶、スポーツ飲料は可)
糖尿病の薬は使用しないでください。その他の薬は主治医の指示に従ってください。
吐き気止めを兼ねた腸の動きをよくする薬(ガスモチン)を飲みます。
検査前の準備として、来院していただき2000mlの水薬(ニフレック)を2時間かけて飲んでいただきます。
個人差はありますが大腸がきれいになるのにおおよそ2-3時間かかります。
希望される方は水薬を自宅で内服してきていただくことが可能です。
便が無色あるいは黄色透明になれば検査が可能です。
固形物が残る場合には薬を追加することがあります。
検査前に痛み止めの薬(オピスタン(塩酸ペチジン)やドルミカム(ミタゾラム)など)を入れる為の点滴を行います。希望されない方はしないでもできます。
自動車・バイク・自転車を運転してきた方は痛み止めを使用できません。
内視鏡検査では医師がモニターに映るお腹の中をすみずみまで観察します。
検査時間は個人差がございますが、おおよそ15-20分程度です。
患者さまにも一緒にモニタで見ていただくことができます。
ポリープが発見された場合その場で切除(ポリペクトミー・結腸粘膜切除術)を行うことがあります。これらは日帰り手術に相当するため、民間の保険で手術費として保険金が支払われることがあります。詳細はご契約されている保険会社にお問い合わせ下さい。
検査後、麻酔・睡眠導入剤を使用した方は少しの間お休みいただきます。
組織検査の結果や、切除したポリープの結果は後日外来でご説明いたします。
当院で使用する処置具は基本的にディスポーザブル(使い捨て)の器具を用いております。内視鏡検査にあたっての注意事項
胃や十二指腸の内視鏡検査を受けられる場合は前日の21:00以降、当日の朝食は召し上がらずにご来院下さい。
胃に食べ物が残っていると粘膜の観察が十分にできません。
大腸内視鏡検査を受ける方は次善の診察の際に、詳しく説明いたします。
検査前に町内に残渣が多いと、前処置に手間がかかりますので、1-2日前は消化のよいものを摂取し、水分は十分摂っておかれることをおすすめしております。
内視鏡検査後の食事制限はほとんどありませんが、検査や処置の内容によっては、注意がございます。検査後、ご帰宅時に看護師の説明をおうけください。
 
ページのTOPへ  
 
経鼻内視鏡検査について
 
経鼻内視鏡検査とは
一般に「胃カメラ」と呼ばれる、口からの検査では、のどの奥にある舌根に内視鏡が接触してしまうため、嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんが少なくありませんでした。
この苦痛から検査を受けるのをためらい、結果的に病気の発見が遅れてしまうという問題がありました。
 
 
これに対して、直径約5mmの内視鏡を鼻から挿入する検査を経鼻内視鏡検査といいます。経鼻内視鏡検査では、内視鏡が舌に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。
鼻腔内に鼻腔を拡げる薬を散布し、麻酔薬を塗布するため、鼻の痛みはあまりありません。また検査中は医師と会話することができるため、モニターに映し出されるご自身の胃の映像を見て質問したりすることもできます。
 
 
経鼻内視鏡検査のメリット
 
●苦痛が少ない
内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、直径約5mmの細さです。体への負担も少なく、強い麻酔の必要もありません。
●吐き気が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
●会話ができる
検査中に自分の胃の映像の映ったモニターを見ることも会話をすることもできるので、映像を見ながら説明を受けたり質問をすることが可能です。
●きめ細かい検査が可能
検査時間中の患者さんの苦痛が少ないため、「見落としやすい初期の癌」、「胃炎と判別がつきにくい癌」などを、直接粘膜を見ながらじっくりと、詳細に検査を実施することが可能です。
当院では、患者さんのに、苦痛の少ない、安全で確実な検査を受けていただけるように、直径約5mmの内視鏡を鼻から挿入する「経鼻胃内視鏡」を用いての検査を実施しております。
経鼻内視鏡検査のデメリット
 
●鼻腔の苦痛・違和感がある
アレルギー性鼻炎でためらわれる方もおりますが、ほとんどの方は前処置を十分に行うことで問題なくできます。しかし一部の方では鼻腔の変形が強いなどで、苦痛を感じたりスコープが鼻腔を通過できない方がいます(実は院長がこれです)。
その場合はもう一方の鼻腔や口から行うよう切り替えます。
●鼻出血がある
狭い鼻腔内を通過する為一定の割合で鼻出血は起こります。
通常数分間押さえるだけで止まります。
●解像度がやや劣る
経口用スコープ(オリンパス GIF-H260)に比べて解像度が落ちます。これはハイビジョン仕様である経口用スコープが高性能であるということであって、通常の観察では経鼻用スコープでも十分な性能を有していると考えています。
●観察範囲が狭い・暗い
経鼻用スコープは経口用に比べて観察できる範囲がやや狭い傾向があり、見えていても組織を取りにくい場所があります(その際は経口用に切り替えます。)そのほか従来の経鼻用スコープは光量が少なく暗いなどの弱点もありましたが、改良型のスコープ(オリンパス GIF-XP260NS)を採用し、経鼻用スコープの特性を熟知した上での観察により従来の精度を保っています。
●時間がかかる
経鼻用スコープは送水・吸引の穴が細く検査の時間がやや伸びます。しかし苦痛が少なく会話をしながら検査ができるという経鼻内視鏡ならではの利点により、むしろ時間が気にならないことが多いようです。
TOP ごあいさつ 診療内容のご案内 検査 アクセス リンク ご予約・お問い合せ PAGE TOP
Copyright© Toyosu internal medicine Clinic 2010 All Rights Reserved.